チャレンジ問題第10回(03年12月25日出題)
解答・解説

答えは、225/2(112.5)cm2です。
次の図のような1辺15cmの正方形もしくは対角線の長さ15cmの正方形を考えます。
図1は、ほげさんに提供していただいたものです。
算数チャレンジ問題第10回の図1

下の図の水色の二等辺三角形と黄緑色の正方形の面積は等しくなります。
算数チャレンジ問題第10回の図2
黄緑色の正方形の1辺の長さを□とします。 黄緑色の正方形の面積は□×□となります。
水色の二等辺三角形の面積は(□×2)×□×1/2=□×□となります。
算数チャレンジ問題第10回の図3
結局、問題の図形2個分が1辺15cmの正方形に含まれていることになりますね。



中学受験・算数の森TOPページへ