女子学院中学校02年第4問(問題)

 同じ材料で作られた立方体と三角柱が合わせて56個あります。立方体の1辺は2cmです。また三角柱の高さは1.5cmで、底面は一つの角が直角で2つの辺が2cmの二等辺三角形です。立方体の重さの合計は、三角柱の重さの合計より126g重く、全部の立体の重さの合計は546gです。
(1)1個の立方体と1個の三角柱の重さの比を、最も簡単な整数の比で表すと□:□です。
(2)三角柱の重さの合計は□gです。
(3)1個の立方体の重さは□gです。
(4)三角柱は□個あります。

解答・解説を見る


中学受験・算数の森TOPページへ