神戸海星女子学院中学校2016年A第3問(解答・解説)

(1)
計算しやすい|63 63 63|(|62 63 63|の次の組)を考えます。
|63 63 63|までに数が5×63個並んでいるから、|63 63 63|は、初めから
  (5×63)/3
 =5×21
 =105番目
の組となり、|62 63 63|は、初めから
  105−1
 =104番目
の組となります。
(2)
数の個数が5の倍数のほうが扱いやすいので、60番目の組を考えます。
60番目の組までに数が3×60個並んでいます。
  3×60/5
 =3×12
 =36
だから、60番目の組は|36 36 36|となり、59番目の組は|35 36 36|となります。
なお、次のようにして解くこともできます。
59番目の組までに数が
  3×59
 =177個
並んでいます。
  177÷5
 =35・・・2
だから、59番目の組は|35 36 36|となります。

中学受験・算数の森TOPページへ