京都女子中学校09年A第6問(問題)

 ある整数Aには次の性質があります。
  『Aを□でわると、□−1余る』
 ただし、□には同じ整数が入ります。このとき次の各問いに答えなさい。
(1)□が8でも10でも成り立つ、つまり8でわると7余り、10でわると9余る整数Aのうち、もっとも小さい数を答えなさい。
(2)□が2、3、4、5、6、7、8、9、10のいずれの数でも成り立つような、ある整数Aのうち、最も小さい数を答えなさい。

解答・解説を見る

中学受験・算数の森TOPページへ