武蔵中学校05年第2問(問題)

 太郎君、次郎君の2人はそれぞれ一定の速さで山登りをしました。2人は同時に登山口(とざんぐち)を出発し、太郎君は時速1・1/4kmで登りました。太郎君が頂上に着いてから32分後に、次郎君が頂上に着きました。太郎君が頂上に着いてから1時間後に、来た道を2人でいっしょに下りました。下るときの速さは次郎君が登るときの速さの1・2/3倍で、2人が登山口にもどったのは登りはじめてから9時間後でした。  登山口から頂上までの道のりは何kmですか。また、次郎君が登るときの速さは時速何kmですか。(式や説明も書きなさい)

(1・1/4、1・2/3はそれぞれ1と1/4、1と2/3ということです。)

解答・解説を見る


中学受験・算数の森TOPページへ