大阪星光学院中学校06年第3問(問題)

大阪星光学院中学校2006年算数第3問(問題)の図
 右の図のような、AからGまでの道があり、その距離は30kmです。道ABとFGは平地で、他は坂道です。平地を時速4km、坂道は、上りを時速2km、下りを時速6kmで歩くと、AからGへ行くのに7時間30分かかり、逆にGからAへ行くのに11時間30分かかります。
(1)AからGへ行くとき、すべての下りの距離の和は上りの距離の和より[ ]km長い。
(2)同じ距離の坂道を上って下るとき、平均の速さは、時速[ ]kmです。
(3)平地をすべて合わせた距離は[ ]kmです。











解答・解説を見る


中学受験・算数の森TOPページへ