灘中学校95年2日目第5問(問題)

灘中学校1995年算数2日目第5問(問題)の図2 灘中学校1995年算数2日目第5問(問題)の図1  図1は1辺の長さが1cmの立方体64個を積み重ねたものである。図2のとおりに番号がついている。これから番号順に立方体を取りはずしていく。残った立体の表面積について次の各問いに答えよ。
(1)立体の表面積は、何番目までの立方体を取りはずしたとき、最も大きくなるか。また、そのときの表面積はいくらか。
(2)15番目までの立方体を取りはずしたときの表面積と同じ表面積になることがあるか。あればそれは何番目までの立方体を取りはずしたときか。
(3)x番目までの立方体を取りはずしたとき、表面積が70cm2となった。xの値をすべて求めよ。












解答・解説を見る


中学受験・算数の森TOPページへ